交通事故について

交通事故で治療を受ける際のポイント

必ず警察を呼んで実況見分をしてください

警察による事故証明がないと自賠責、任意保険による治療は受けられません。

体に痛みや違和感がある場合は警察・保険会社に「人身事故」として対応してもらってください

事故証明には車や物が壊れただけの「物損事故」と、体のケガを伴う「人身事故」があります。人身事故の証明がないと治療は受けられません。

たいした痛みがなくても気になる場合は必ず医療機関を受診してください

事故直後は興奮・緊張・動揺などで痛みを感じない場合があります。後から痛くなった場合、事故から時間が経つほど「事故との因果関係はない」と判断される場合があります。

受診の際は痛い箇所は全て申し出てください

最初はそんなに痛くなかったが、後からだんだん痛くなってくる場合があります。後からの申し出は、保険会社に「事故との因果関係が証明できない」と言われ、治療が認められなくなる場合があります。

むちうち症とは?

交通事故の後遺症として、かなり高い比率で発生します

症状には首・肩・後頭部なの痛み、頭が重い、手のしびれ、めまい、耳鳴り、悪心、嘔吐などがあります。受傷直後よりも、翌日以降に症状が出ることが多々あります。これらの症状は、衝突時の強力な力で頭が前後に振られることによりおこります。